岡山県岡山市の歯医者

〒700-0822 岡山市北区表町1丁目9-64
岡山電気軌道「城下駅」または「県庁通り駅」より徒歩4分

診療時間
9:30~13:00 ×
14:30~19:00 ×

△:14:30~17:00/休診日:日曜、祝日
□:木曜は外科処置等の診療日となります。

ご予約・お問い合わせはこちらへ

086-234-5067

むし歯とは?小児歯科について

むし歯について

左図はむし歯のできる原因を示したものです。

むし歯のできる要素は「歯の強さ」「むし歯(ミュータンス菌)」「砂糖の摂取」の3つがあります。

これらのむし歯を作る3つの要素のコントロールがうまくいかなかった時にむし歯ができます。そして最近ではこれに「時間」という要素も加わって「4つの輪」と言われてます。

むし歯の進み方

C0
歯の表面の溝に着色のみの状態。
歯科医の定期的な診査の上で経過観察。
C1
歯の表面のエナメル質にむし歯が限局している状態です。
痛みはあまりなく歯の表面が脱灰して白くなったり、茶色に着色してザラザラしています。
C2
象牙質までむし歯が進行して穴のあいている中等度のむし歯です。
冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。
CR充填やインレーで治療を行います。
C3
むし歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達した深いむし歯です。
炎症を起こしてとても激しい痛みを伴います。
歯の神経の治療(歯内療法)を行い、クラウンを被せたりします。
C4
歯の根っこだけになってしまった状態です。
そのまま放置すると歯髄が腐敗して、根尖性歯周炎や歯根嚢胞なってしまいます。
抜歯の適用

小児歯科について

小さいお子様は最初に行った歯医者さんのイメージが大事になります。

そこで、最初に怖かったり、痛かったりするとお子様の頭の中には歯医者=怖い、痛いというイメージができてしまいます。

当院ではそうならないために時間をかけてゆっくりとお子様とのコミュニケーションをとりながら治療を進めていきます。

また、小さい頃からのハミガキ指導や、子供様の興味を持っていただけるようなハミガキの指導を、お母様方にも学んでいただいて、一緒にお子様のお口の健康を守っていきたいと考えています。

むし歯の予防に際しても力を入れ、フッ素塗布を定期的におこない、三ヶ月ごとの定期健診の際には細かくチェックさせていただきます。

むし歯の治療は乳歯(大人の歯の前)であっても、必要以上に歯を削らない治療を心がけ、最小で痛みも少ないむし歯の治療に最も重点をおいています。

フッ素塗布について

フッ素でむし歯の進行を防ぐことができる理由は、次の通りです。

  1. 歯の再石灰化を促進する!
  2. フッ素が歯に取り込まれ、酸に強い歯を作る!(フルオロアパタイトが形成される)
  3. 細菌が産生する有害酵素の活性を阻害して、むし歯の発生を抑制します。
フッ素塗布の効果的な使用法

フッ素の応用方法には色々な方法がありますが、次のことに気をつけることでより一層フッ素の効果を高めることができます!

  1. フッ素を使用する前にプラークコントロールを行い、プラーク(歯垢)を落とす!
  2. フッ素の濃度よりも、回数や隅々までいき渡っているかどうかが重要!
  3. 複数のフッ素利用法を併用する。
  4. フッ素使用後、しばらくの間(30分くらい)は飲食しない!
  5. むし歯菌が酸を作るのを抑制する!(フッ素でむし歯予防ができる最大の理由)

しかし、忘れないでください。

フッ素を塗ったからといってむし歯にならないのではありません、「なりにくいだけ」なのです。

フッ素塗布を併用しつつも、日頃から丁寧なブラッシングや定期検診を重ねて、むし歯を防ぐ努力をすることが肝要です。

フッ素の安全性について

フッ素は特別なものではなく、お茶や味噌汁、清涼飲料水など様々なものに入っています。私たちは毎日知らず知らずのうちに、ある程度の量のフッ素を摂取しているのです。

ただし、フッ素を取りすぎると中毒症状(吐き気や腹痛など)が現れます。しかし、フッ素を普通に使用している分には全く問題はありません。

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

086-234-5067

診療時間

 
午前 ×
午後 ×

午前:9:30~13:00
午後:14:30~19:00
△:土曜は17:00まで
□:木曜は外科処置等の診療日となります。

休診日:日曜、祝日

086-234-5067

〒700-0822
岡山市北区表町1丁目9-64

岡山電気軌道「城下駅」または「県庁通り駅」より徒歩4分